中山道 徒歩旅28 熊谷のモダンな銀行と旧街道と

熊谷駅を過ぎて歩いていきますが、ちょいちょい取り残された町屋があって、街道筋だなぁ、と実感。

高層ビルに挟まれる町屋。
地上げにあわなかっただろうか。

こちらは割りとソフトめな建物に囲まれてる。

家に絡みつく排気ダクト

埼玉県の謎ルールなのか、ちょいちょい見かける、歩道の人と自転車分けるルール。
しかも見た感じ、必ずしも守られてない。謎。

このだだっぴろいコミュニティひろばは何だろう。
広域避難所とかになってるんだろか。

札の辻跡。
高札場ですな。

割と厳重に囲っているけれども、見る限りとっても新しい。

モダンな建物。埼玉りそな銀行。

正面からの写真。
調べてみたら2018年にできた建物らしい。できたてほやほや!

17号線のキロポスト、66km。
日本橋から4日目の午前中で66kmって、今回もなかなかなスローペース。。  

バス停の屋根が街道筋風。

そしてまた、モダンな建物。
埼玉縣信用金庫。埼玉りそな銀行と争ってるんだろか。

そして本陣跡。
また、随分と新しい標識を囲ってある。

そして埼玉縣信用金庫の前に人だかりが。
何やらドラマのロケをやっている。
どうやら、テレ東でやっている「よつば銀行」のロケをしていたらしい。
へぇ、と思って、カメラを向けていたら、スタッフに呼び止められ、写真撮るな、と怒られる。
・・・大した写真撮れてないけども。。。

程なく、旧中山道の道標が。
しかし、八木橋、という百貨店。聞いたことが無い。
http://www.yagihashi.co.jp/company/index.htm
なるほど、熊谷だけの百貨店なのだね。
しかし、ちょっと、会社の沿革を読んでいて、えっ?と思ったのが
「 第2次世界大戦終戦の直前(8月)空襲にあい店舗全焼。ただちに焼け跡を整備し約231㎡の店舗を建設、営業を開始。 」
と、えええ?戦後のどさくさに紛れて、土地を広げちゃった??
ってのと、ここら辺も空襲があったのだなぁ、と。。。

八木橋の向かいの道から、旧街道の雰囲気がある道へ入っていきます。

一番街商店街というのだそう。

降りたシャッターと微妙にカーブする道
こんな道を通り過ぎていきます。