旧東海道を歩いた日程 その12 三条大橋へ

DAY26 三条大橋へ

DAY26 大津~三条大橋 13km いよいよ最終日。 いい天気! 京阪の路面電車が走る。 道路の標識に「京都」の文字が。 終わりが近づ...

前回の記事の続き。

琵琶湖疏水からの支流だと思うのだけど。
山科疎水のコースとはまた違うけど、水路。


合流点から一気に無視される中山道。
そして新しそうな看板。京都、観光資源ありすぎるから、東海道なんて無視されてるんだろうなー、と思ってたけど。
旧東海道の看板。


山科を歩くのは初めてだけど、こんなに水路がめぐらされてたのか、と思う。


蹴上浄水場
琵琶湖疏水の水を上水にしてる。

琵琶湖から流れてきた水。


蹴上インクライン
傾斜を利用して車両を動かす。


バエな写真を撮っているであろう人。


真似して撮影。
京都の盆地に向かって下っていく感じがものすごく感じられる。


蹴上インクラインの端で虫取りをする大人と子供。
京都の、どっしりとした歴史と、こういう、自然とのふれあいの接点が、丁度良い。というか、羨ましい笑
住むのにいい場所だなー


琵琶湖疏水の資料館があったのでお邪魔する。
山を貫く水路。こういうジオラマ、地形が分かりやすくてほんと見てて楽しい。


そして南禅寺へ。
旧東海道からまあまあ寄り道して、琵琶湖からの水を見届ける笑


10月の半ば、紅葉のし始め。


南禅寺の水路閣。
今も琵琶湖からの水を京都の町に流してる。
レンガ造りのどっしり感と、装飾もわざとらしくなくて、ほんと綺麗。インスタポイントだと思う笑


流れていく水。
京都は、小学校の修学旅行、子供の頃の家族旅行、社会人になってからの旅行、と3回は来てるんだけど、こんなに水が流れている印象が無くて。
自分が注目するところ次第で、町の印象が変わる。


そして、京都の三条大橋でゴール。
とっても綺麗な晴れ。


最後に、弥次喜多の像をぱちり。
振り返ってみれば、長かったようなあっという間なような。
楽しかった!!!!