旧東海道を歩いた日程 その3 箱根~由比

DAY7 元箱根~三島 18km

箱根峠を過ぎて三島の街へ降りていく

畑越しの富士山。
この時、5月だったんだけど、けっこうけぶっちゃってる。
そして、ここらへんの野菜、箱根西麓三島野菜、っていうブランドで売られてる。
箱根峠の上りも辛かったけど、ここの下りもけっこう急で、滑らないように注意しながら歩いてた。

DAY8 三島~吉原 23km

沼津界隈では、猫をよく見かけた。
かわいいな、ネコ。
この日は吉原のホテル24 IN 富士山。
お値段の割りに、大浴場もあるし、ウェルカムドリンクもあるし、清潔だし、とっても良かった。
そういえば、吉原といえば左富士が有名だね。

DAY9 吉原~由比 17km

蒲原で文句なしに存在感があったのが、富士川を利用した水力発電のパイプ。
その場で見ると、ちょっとぎょっとする大きさ。

そして、蒲原、由比は、東海道歩きの一つのハイライト。
蒲原の旅籠だとか旧五十嵐邸は、時間が許す限り立ち寄るのが吉!
その土地の方のお話が聞けて、本当に楽しかった。
あと、この時までの自分の静岡のイメージは、ざっくり、「富士山のふもと」だったけども、富士川の水源は山梨県、南アルプスの鋸岳だったりする。
ここで、船箪笥というものの存在を知ったのだった。

由比本陣跡地にある東海道広重美術館は、本当に見ごたえあった。
時間で学芸員の方の解説があるので、是非、それを聞いてみて!
着物の模様だとか、鳥の羽だとか、そういうものを表現するのに「空刷り」っていう、色を付けない、紙に凹凸を付ける表現があるのを知った。
こちらの写真は、美術館での浮世絵体験。

帰りに、冷凍しらすと桜海老をお土産で買って、夕飯、丼にしたのも思い出。